園の歴史

設立趣旨

園長:佐藤 昌彦

園長:佐藤 昌彦

当園は、理事長(佐藤昌宣)が長年幼児教育の重要性を説き、特に3才以後からの基礎教育が必要かつ大切なものであるとの考えから、幼児教育を主体とした規律ある明るい保育園の設立に佐藤昌宣個人の清財を投じて、昭和53年5月6日に保育園として開園する運びとなりました。

保育園は保育に欠ける幼児を保育士が母親に代わって保育をする所ですが、設立当初から「幼児教育を主体とした規律ある明るい保育園」を園是とし、幼児の発達に必要な望ましい経験や活動のできる環境を用意し、子供達の内に秘めた無限の可能性を引き出してまっすぐに順調に伸びていけるよう導いていく、つまり、教育的に働きかける事を目指しています。規律の面ではきちんと順序を追ってやさしさの中に厳しさを取り入れた指導及びしつけ、時間並びに約束事の大切さを子供達にくり返し教え、自然に身につくよう導いています。以上のように幼児の保育に必要な諸設備には十分考慮し、これにあたる専門の十分な教育と指導を受けた保育士及び幼稚園教諭の両方の資格免許を持った職員が園長を中心に全員心を一つにし、目的達成に向かって日々努力し、社会の一員として責任ある幼児の教育・福祉活動に携わるよう努めています。

平成27年度からは幼保連携型認定こども園となり、名実ともに就学前の幼児に教育及び保育を提供する施設となりました。

Development
100%

沿 革

昭和53年(1978年)4月社会福祉法人 寿福祉会 設立
理事長 佐藤昌宣
昭和53年(1978年)5月あかつき保育園 開園(定員60名)
園長 佐藤千枝子
平成15年(2003年)4月新園長 佐藤昌宣
一時預かり保育 開始
平成17年(2005年)4月定員変更(定員90名)
新園長 佐藤昌彦
平成20年(2008年)4月新園舎竣工
定員変更(定員120名)
地域子育て支援センター 開設
延長保育 開始
平成27年(2015年)4月幼保連携型認定こども園 認可
認定こども園 あかつき保育園 設立(定員135名)
error: Content is protected !!